成分情報

フロルフロラの副作用は大丈夫?成分に危険はないの?

投稿日:

フロルフロラ 成分

ダイエットサプリのフロルフロラ(Flor Furora)ですが、成分はどんなものが使われているかイマイチわかっていませんでした(;'∀')

もしかしたら、副作用が起こるような成分が使われてたりしないかちょっと疑問に思っていました。

ちょっと心配だったので、フロルフロラの成分はどんなものが使われているのか調べてみました。

この記事ではフロルフロラ(Flor Furora)の成分について詳しくまとめてあります。

 

フロルフロラの全成分│副作用の心配はない?

フロルフロラの成分

まず、フロルフロラの成分で気になったのが副作用の危険があるかどうかです。

全成分を調べてみました。

フロルフロラの全成分

還元麦芽糖水飴、ビフィズス菌末、野草発酵エキス、乳酸菌、乳酸球菌EF-621K菌末

有胞子性乳酸菌、セルロース、DL-りんご酸、ステアリン酸カルシウム、微粒酸化ケイ素

アスパルテーム、L-フェニルアラニン

全成分を調べてみた結果、フロルフロラには副作用が起こるような成分は一切含まれていませんでした。

フロルフロラはサプリメントなので「栄養補助食品」になります。

なので、食品というカテゴリに分類されるので、そもそも副作用は起きないです(;'∀')

わたしは成分についてあまり詳しくわからないので全然知りませんでしたが、副作用を心配する必要は全くありません。

初回無料

公式キャンペーン

※全国送料無料

副作用の心配はありませんが、注意するべきことは他にあります。

 

成分は安全だけど、こんな場合は注意!

フロルフロラのアレルギー

フロルフロラは「栄養補助食品」なので、副作用は起きないけどアレルギーには注意が必要です。

食物アレルギーを持っている方は、成分をよく確認してから購入を検討してください。

 

フロルフロラの成分について調べてみた

 

フロルフロラで一番重要なダイエット成分は『短鎖脂肪酸』です!

実はこの成分、公式サイトにはフロルフロラの秘訣の一つの成分として紹介されていますが、パッケージの成分表には書かれていないんです…。

というわけで短鎖脂肪酸って何なのか?本当にフロルフロラに入っているのか?など調べてみることにしました。

ここからはちょっとだけ難しい内容のお話になります(;'∀')

 

まず、短鎖脂肪酸とは腸内細菌が食物繊維を分解するときにつくられる成分の名前です。

ひとことで短鎖脂肪酸といっても種類はいろいろあって、酢酸やプロピオン酸、酪酸などなど…

フロルフロラに入っている成分から短鎖脂肪酸がたくさん生成されます!
(菌についての専門家じゃないので、具体的な成分名はわからず…汗)

 

この短鎖脂肪酸は肝臓や筋肉の代謝に利用されていて、生体機能の調節に関係しています。

なかには、生活習慣病と密接に関係している種類の短鎖脂肪酸もあり、肥満や糖尿病を予防する目的に使える!と研究されている分野です。

短鎖脂肪酸の作用

  • 脂肪細胞の肥大化防止
  • 食欲を抑えて満腹感を持続させる効果がある
  • 過食を予防できる

 

といった作用があると報告されています(^^)/

 

そう、つまり短鎖脂肪酸ってダイエットサポートにめちゃくちゃ効果が期待できる成分ってことです!!!

 

フロルフロラのすごいところは、ダイエットに◎な短鎖脂肪酸が配合されているだけじゃなくて、短鎖脂肪酸を作り出すサイクルを整える成分が入っているというところ。

まず短鎖脂肪酸を作り出す酪酸菌や乳酸菌・ビフィズス菌がたくさん配合されているのはもちろん、短鎖脂肪酸の元になる食物繊維やオリゴ糖が含まれています。

フロルフロラの詳細をチェックしてみる

フロルフロラを飲んで短鎖脂肪酸を補給するだけじゃなくて、自分のお腹の中でも作り出せるようにサポートしてくれるから、飲んでる間だけ痩せやすくなるというようなサプリじゃなくて、痩せやすい体づくり・腸内環境づくりをしてくれるっていうのがうれしいですよね( *´艸`)

関連記事⇒【口コミ体験談】フロルフロラは効果なし?サプリで本当に痩せるの?

 

-成分情報
-, ,

Copyright© 【口コミ体験談】フロルフロラは効果なし?サプリで本当に痩せるの? , 2019 All Rights Reserved.